稽古備忘録。

4/6 7:00から朝練。

朝練なんて、中学時代の卓球部ぶりだし、

いつも8時(下手したら9時)に起きてるので、めっちゃはえーww

 

ひたすら、出会いのレッスン。

最後に少し、心の中の声。

5人っていう少人数だったこともあり、

自分の心の中の流れも言えたし、フィードバックもたくさんもらえたし。

なにより、自分のことを振り返る時間があるのって最高だなと思いました。

決めつけられず、ただ自分の感想や感覚を言うことができる場所ってとっても居心地がいい。

 

劇団の稽古では、「初対面で」とか「三歩歩いてから」とかっていう設定ありきだったけど、今回の朝練ではそれを全部とっぱらった。

一歩分距離を開けた状態から背中合わせ、ぱっと振り返ったら、相手がそこにいる。

私は大体笑っちゃうんだけどww

ふつうの関係性なら、相手も大体笑ってくれるんだけど、それに対して笑顔が返ってこなくてすこしたじろいだり。(してたなって今思うw)

でもなんかそれすらも他人事で、あれ笑顔がないなー、でおしまい。

ひたすら観察。観察、観察。

相手からのアクションがないと、当事者になれない。没頭できない。っていう癖。

外目を気にするわけでもないんだけど、ただひたすら、私は第三者

なにかを思い返していても、視覚情報だけ。そこに私はいない。目の前だけで、背後が無い。体感もない温度もない。ただの視覚情報だけが目の前に広がる。

自分でゆって、言い得て妙だと思ったのだけど、水面。

何かを思い出す時、私は水面を見ることはできるけど、そこに飛び込めない。

当事者ってどうやってなるんだっけね。

相手が何を考えてるかって頭がまわるんだなー。

嫌われてないだろうか、とか。かなあ。

そのわりに激しい拒絶が無い限りは気にしてなかったり。して?

 

 

最後にすべりこみでやった心の中の声。

こちらも、劇団では役職をつけるってことをしてるけど、取っ払って。自分で。

独り言がゆえない。

大学時代のDJの名残なのか、独り言がつぶやけない。外に向かって発信してる。

お風呂でときたまひとり喋りやってたりするのだけど。

「人に見られてるって言う意識」あの状態、も、そう呼ぶのね。

目を閉じたら言えるようになってきたものの、なにかを言わなくちゃ、言わなくちゃの脅迫観念がすごくて、空白が持てなくて、ああ、わたし、空白が怖い、って思った。

私の脳内ってそのまま再生すると、思考と、歌が混ざってる。と思う。

それを公開できる日が来るのかはわからない。

 

そしてわたし、いつの間にやら口を閉じて話す癖がついていて、まあ、口の右だか左だかがまったく動いてないのだ。ビデオ見てびびったよね。

まえはそんなことなかったと思うのだけど、はて、いつからだっけなと思い返すも、思い出せない。

たぶん、かわいくあるためにしたったらずになろうとかそんなくだらない理由だったと思われる。またはそれに等しい人を真似したか。

ビデオを見ていてなかなかに不快だったので、ここは改めたい所存。

あと思考のスピードが速すぎて自分の口がついてこれていないのでゆっくり話したい所存。

早口は高校の時からだけど、最近拍車をかけてはやくなっているw

 

とまあ。そんな密で楽しい二時間でした。またやろうヽ(*´∀`*)ノ.+゚